スワップ金利の良いところ悪いところ

一般的にFX取引で資産を運用して利益を出すためには、外国通貨を売買してその差額を利益にするトレードの手法が使われます。
このトレードはあまり長い時間その通貨を所持しないのが普通ですが、期間の短いディトレードの場合は基本的に当日中にその通貨を決済するのですが、なかにはディトレードよりも短い時間で売買を繰り返すスキャルピングという手法を使って一日の間に何回もポジションを作り、それを決済するということを得意にしているトレーダーも存在します。

 

しかしFX取引にはそのような短期の運用だけではなく、外貨預金のような投資のやり方もあるのです。
一度外国為替の相場を見たことのある人なら、取引画面にスワップ金利が必ず表示されているのを見たことのある人もいると思います。

 

FX取引のさいにその通貨ペアをロングでポジションを取れば決済されるまでの間、毎日そのポジションの通貨分のスワップ金利が口座にはいることになるのです。
そんなにうまい話があるのかと心配になってしまいますが、スワップ金利というのはその通貨を所持している間はその通過が下落してしまっても必ずつきますからその点では外貨預金よりも金利が高い分有利です。

 

しかしここで気をつけて欲しいのは決してショートのポジションでスワップ金利を期待してはいけないということなのです。
それは通貨を売るポジションの場合はスワップ金利がマイナスとなりますから、その通貨を所有している間、毎日スワップ金利分だけ引かれることになるからです。

スワップのメリット・デメリットーFX入門サイト関連ページ

人気の豪ドル
夢のスワップ生活