連帯保証について|賃貸・破産なを主に解説しています。

破産と連帯保証人について。

破産と連帯保証人について。

 

 

 

 

 

 

※ このページは、”https://www.youtube.com/watch?v=k_j63Vnhq9I” を、元に作成しています。

 

 

 

 

 

 

今回は破産と連帯保証人について、お話をしていきたいと思います。

 

 

 

例えば、競売で家がなくなった場合、任意売却で手放した場合、

借り入れが残れば一つの清算方法として自己破産があります。

 

 

 

本人が自己破産をすると、連帯保証人は、

どうなるのかということについてお話ししたいと思います。

 

 

 

本人の住宅ローンに関しては、特別な事情がなければ、

破産手続きによって借り入れがなくなる、

支払いから免責されることになりますが、

連帯保証人は別個の話になります。

 

 

 

本人が破産手続きを認められても、連帯保証人も、

破産をしないと債務から逃れることはできません。

 

 

 

連帯保証人がついているような住宅ローンを、

借り入れされている方は、競売で非常に安価な金額で、

手放すよりは、少しでも任意売却で残る借り入れを、

減らすことが、非常に大事になってきます。

 

 

 

連帯保証人がついている住宅ローンを、お抱えの方は、

極力傷口が少なくなるような処理の仕方と言いますか、

対処をした方がいいと思います。

 

 

 

今回は破産と連帯保証人について、お話をしていきました。

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ