連帯保証について|連帯保証契約について。

連帯保証契約について。

連帯保証契約について。

 

 

 

 

 

 

※ このページは、”https://www.youtube.com/watch?v=UH3JNd0zFSg” を、元に作成しています。

 

 

 

 

 

 

今回は、賃貸借契約の連帯保証契約について、解説していきましょう。

 

 

 

賃貸アパートや貸家の契約をする際には、大体、

個人の連帯保証人を立ててくださいと求められますね。

 

 

 

先の記事にもあります通り、連帯保証人は、法律的にかなり厳しい義務があり、

今後の民法改正についても、個人の保証人に関して改正の議論が大いにあると思われます。

 

 

 

賃貸アパートの場合、借主(入居人)に契約の債務があり、

その債務者と連帯して、契約の履行に関する責任を負うということで、

一旦、連帯保証の契約をしてしまうと、一方的に連帯保証契約を解約したいと、

通知するだけでは解除できません。

 

 

 

民法に定められているですので、債権者の承諾がない限りは、

連帯保証契約というものは解約することはできません。

 

 

 

ですので、連帯保証契約をする際は、必ず、その連帯保証人に対し、

連帯保証人になることを了承する旨の書面を取り交わす、また、

連帯保証人引受承諾書など、契約書の連帯保証人の欄に署名捺印して貰うことが一般的となります。

 

 

 

知らぬ間に連帯保証人になってしまったということで、訴える方が、一部に居るようですが、

 

 

 

・騙されて契約された

・脅迫されて契約した

・認知症になっていた

 

 

 

こういったような事情がある場合には、訴えれば裁判で無効になるという判決はありますが、

連帯保証人引受承諾書で署名捺印(実印と印鑑証明)があれば、

連帯保証人引受義務は有効だと考えられ、無効の主張は厳しいと思われます。

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ